光脱毛でやけどした場合の対処法と予防策

脱毛機器 脱毛のトラブル

脱毛初心者におすすめの脱毛方式といえば「脱毛サロンによる、光脱毛」です。

脱毛と聞くと高価で痛い!というイメージは昔はありましたが、今の脱毛は値段もリーズナブルながら痛みもほぼなく、安心安全にキレイになれるので女性の強い味方です。

そんな光脱毛ですが、まれに口コミで「光脱毛によってやけどをした!」との声が・・。

結論からいうとほぼそのようなケースはなくとてもめずらしいことですが、あなたの身にも起こらないとは限りません。

今回は光脱毛でやけどをしたらどのような肌状態になるのか、原因や対処法、予防策などをまとめてみました。

光脱毛でやけどをするのはよくある?

光脱毛でやけどをすることは実際にはほとんどありません。

脱毛方式といえば、光脱毛の他にも

  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

など様々な方法がありますが、光脱毛は一番パワーが弱いのでこれらの方式の中では最もリスクが低い脱毛方法といえます。

しかし、出力の弱い光脱毛であっても、やけどの恐れがまったくないとは言い切れません。

光脱毛をもっと詳しく!メリットとデメリット

光脱毛でやけどをした実際のケース

光脱毛でやけどをした実際のケースを紹介します。

やけどをして数日後に、あれ?と違和感を感じたという人も多くすぐには気づかないこともよくあるようです。

脱毛部分の変色

脱毛機を当てた部分が、褐色や、紫色に変色していくパターンです。

光脱毛によるやけどのケースではこの肌状態が最も多く報告されていて、脱毛機のヘッド部分の形に合わせて変色しているのですぐに脱毛機によるやけどだと見てわかります。

このやけどによる変色ですが、大抵の場合は数日日を開けるときれいになることが多いので、まずは様子見するとよいでしょう。

その間にも適切な処置が必要です。

水膨れ

変色よりも危険なやけどの状態が水膨れ。

何個もできることはそう多くはなく、数個ほどぽつぽつと水膨れになってしまうことがあるようです。

水膨れは適切な処置をしないと、痕になって残ってしまうことも・・。

かなりひどいようなら、脱毛を受けた脱毛サロンに相談して早めに提携の病院を紹介してもらうか、病院と提携していない脱毛サロンであれば皮膚科にかかることをおすすめします。

光脱毛でやけどをする原因

日焼けをしている

光脱毛機の多くは黒い部分(メラニン)に反応して光を照射し、毛根にダメージを与えます。

日焼けしている肌であれば、もともとの肌のメラニンが多く、通常よりも熱がこもりやすい状態になることでやけどにつながってしまうことも・・。

また、同じような原理でほくろがある部分でも照射パワーを間違えれば、やけどになってしまう可能性もあります。

肌が乾燥している

肌が乾燥していると、脱毛の本来の効果が発揮されないだけではなく、やけどをひきおこしてしまうこともあります。

多くの脱毛サロンでは乾燥がひどい場合は施術を断るサロンもあるくらいに脱毛には乾燥は大敵です。

特に、ひざ、ひじなどは乾燥しやすく普段お手入れもついつい忘れがち。

毎日の保湿がベストですが、最低でも施術前2~3日くらいから乾燥が気になる方は保湿をこまめに行うといいでしょう。

不適切な脱毛機を使用している

最近の脱毛機は日々どんどん進化しています。

脱毛サロンによっては、肌質や毛質に合わせて、より安心に、より効果を発揮するために数種類の脱毛機を使い分けるサロンもあります。

しかし、そんな中で、個人経営サロンなどの小さなサロンでは古い脱毛機を使い続けていて、出力パワーの細かな調整ができないなど肌に良くない機械をつかっているところも実際にあります。

サロンを選ぶ際に、古い脱毛機を使用し続けていないか、またその人に合わせて機械を選んでくれているか、事前にサロン選びで考慮するといいでしょう。

安いサロンはほとんど脱毛機は1種類のみを使用していますが、やけどをしやすいタイプの方は数種類を使い分けてくれるサロンを探すとなおやけどのリスクが減少しますよ。

光脱毛でやけどをした場合のお家でできる対処法

もし、光脱毛機でやけどをしてしまった!となった場合、もし軽めの症状であればまずはお家で対処をし様子見をするのもいいでしょう。

あまりにもひどい場合はすぐに病院に相談することをおすすめしますが、実際に病院に行く・行かないの見極めはむずかしいですよね。

その場合は大事なお肌のことなので遠慮せず、施術をうけた脱毛サロンに「このような場合は病院に行ったほうがいい?」と相談すると安心です。

対処法1:熱い部分がある・・と違和感を感じたら早めによく冷やす

脱毛後は肌は熱によってダメージをうけています。

ダメージを受けている場合早ければ早いほど、熱によるダメージは最小限にできるので早めに肌の熱い部分をよく冷やしましょう。

まず肌が熱いと感じたら最初にすること!として頭に入れておくといいですね。

対処法2:軟膏処置

主に水膨れができているときや、水膨れに繋がりそうなひどいやけどの場合、家ですぐにできる対処法は、やけどに効果がある軟膏を塗ることです。

市販のものでもまずはいいですが、ステロイド抗生剤含有軟膏が特におすすめです。

水膨れはつぶれてしまうと痕になって残ってしまう可能性があるのでつぶさないことが鉄則ですが、万が一潰れてしまった場合は軟膏を塗るなどして乾かさないように気をつけましょう。

対処法3:やけどによる色素沈着を予防する

やけどになってしまった後、最悪の場合色素沈着として痕が残ってしまう場合も・・。

そうならないための対策として、ビタミンCやトラネキム酸の内服をするとある程度は防げます。

もし色素沈着を引き起こしたあとでも肌のターンオーバーを活性化してくれる作用があるので効果あり!

ビタミンCやトラネキム酸はメラニンと色素沈着になってしまう原因の成分の合成を防いでくれる作用がありますが、さらに効果を高めたい方は、ビタミンCのイオン導入を皮膚科でしてもらうとさらに高い効果を発揮します。

光脱毛でやけどをしないためにできる予防法は?

予防法1: 日焼けに気をつける

日頃から日焼け止めを塗ったり、日傘をさすなど日焼けに気をつけることで、光脱毛によるやけどのリスクを軽減することができます。

脱毛サロンには長い人で2年ほど通いますが、夏だけ紫外線対策をしても日焼け対策をしてるとは言えません。

年中紫外線は降り注いでいますし、くもりの日でも肌は紫外線によるダメージを受けています。

やけどのリスク軽減のためだめだけではなく、シミやシワなどの肌トラブルを紫外線から防ぎ、ツルツルピカピカのお肌を手に入れましょう!♡

予防法2:自分に合った脱毛方法・サロンを適切に選ぶ

光脱毛の中にも、

  • IPL脱毛
  • SSC脱毛
  • SHR式脱毛

というように脱毛機の種類によって、ムダ毛へのアプローチが変わります。

ほとんどのサロンは黒い部分に反応して毛根にダメージを与えるIPL脱毛・SSC脱毛を導入していますが、細心の脱毛方法SHR式脱毛はムダ毛のバルジ部にアプローチをし、これからムダ毛を作ろうとする組織ごと破壊してくれます。

SHR式脱毛はその作用によってIPL脱毛やSSC脱毛では効果が薄いとされていた日焼け肌にも効果が高いとされ、日焼け肌の人やほくろが多い人はSHR式脱毛を導入しているサロンがおすすめです。

このように自分に合ったサロン選びがやけどのリスクを軽減するためにはとっても大切。

肌の色だけではなく、毛の質、脱毛部位なども考慮するとなおいいでしょう。

どのサロンを選べばいいか難しい・・という方はわかりやすく何種類か脱毛方式を導入していてその人にあった方式で脱毛してくれるサロンを選ぶのもおすすめです。

脱毛サロンで使用する脱毛機器と安全性や効果は?サロンの種類など徹底解説!

予防法3:スタッフのレベルが全体的に高いサロンを選ぶ

スタッフの技術が高いところを選ぶとやけどのリスクを減少することができます。

機械を当ててピッピッとしているだけの作業に見えますが、サロンのスタッフは施術を受ける人の肌質や毛の質などさまざまなことを見極めたうえで、出力パワーを調整しなければなりません。

そのためには経験・技術・教育すべてがとっても大事!

スタッフのレベルが高いサロン選びの方法は、公式サイトにスタッフの教育のために何をしているか記載しているところを選ぶといいでしょう。

例えばサロンによっては研修を何週間もかけて行い、サロン独自の厳しい試験に合格しなければ施術をさせないような厳しいサロンもあります。

それだけスタッフの技術が平均して高いと、安心して任せられますし、なにか困ったことがあっても気軽に相談できますよね♪

まとめ

光脱毛のやけどの危険性は極めて低いものの、やはりなにがあるかわかりませんし、予防は常日頃から心がけるといいでしょう。

そして、万が一なにかあったときのためにすぐにサロンに相談できるよう、アフターフォローがしっかりしている、提携のクリニックがあり、すぐ紹介してもらえる脱毛サロンを選ぶことがおすすめです。

脱毛サロンは全国各地、たくさんあってどこを選んでいいか難しいところですが、大事な肌のことなので、肌トラブルをできるだけ回避できるのはどこのサロン??といった視点からも選ぶと後悔しない脱毛サロン選びができますよ♪

みんなが選ぶ脱毛サロン

みんなが行きたい人気の脱毛サロンランキング

コメント