乾燥肌や敏感肌ってどんな状態?原因と対策

ビューティー

敏感肌・乾燥肌チェック!原因と対策、プロおすすめコスメをご紹介

乾燥肌や敏感肌という肌の状態はよく聞きますよね。

この2つの肌タイプは同じようなものだとして混同されやすいのですが、実は別物です。

別物ではありますが、似ている部分もたくさんありますので、乾燥肌だと思っていたら実は敏感肌だったり、逆に敏感肌だと思っている人が単に乾燥しているだけだったりすることもよくあります。

今日はこの2つの肌タイプの違いを理解して、正しくお手入れが出来るようにしていきましょう!

乾燥肌とは?

乾燥肌や敏感肌ってどんな状態?原因と対策

乾燥肌とはその名の通り、お肌の潤いを保てなくなり、お肌がかさついたり、粉をふいたりしている状態のお肌のことを指します。

乾燥は湿度の低下はもちろん、ストレスや睡眠不足などの生活習慣なども原因の1つです。

まずは、ご自身の生活習慣から見直してみましょう!

乾燥肌チェック!

あなたはいくつ当てはまりますか?

  1. 1日3回以上洗顔をする
  2. 熱いお湯で洗顔する
  3. 洗顔後、肌がつっぱったりカサついたりする
  4. 乳液やクリームは使わない
  5. ストレスを感じやすい
  6. 睡眠不足
  7. 脂っこい食べ物が好き
  8. 夏でも手足が冷たい
  9. 洗顔後、すぐに保湿しない
  10. 20代の頃からスキンケアが変わっていない

全てに当てはまらなくても、いくつか当てはまれば乾燥肌の可能性があります。

乾燥肌の原因

肌がカサついたり、粉がふいたりする乾燥肌…。

まずは、乾燥している肌がどんな状態なのか見ていきましょう。

乾燥肌や敏感肌ってどんな状態?原因と対策

一般的にお肌の潤いは、皮脂・NMF(天然保湿因子)・角質細胞間脂質の3つで保たれています。

この3つがターンオーバーの乱れや、加齢、外気やエアコンなどによる乾燥、ストレスや過労、偏った食生活や間違ったスキンケアなどの原因によって肌の中から減ってしまうと、肌のバリア機能が衰え、乾燥した状態になります。

特に粉がふいているようなお肌は、皮膚の確執がめくれ上がり、その隙間から水分が蒸発するだけでなく、外からの刺激も肌の内部に入ってきやすくなっています。

そのため、乾燥が刺激によって更なるトラブルを引き起こすこともあります。

こちらも参考に

【乾燥肌さん必見】正しいスキンケアと日々の乾燥対策で潤い肌に♩
乾燥肌対策の方法と一緒に使いたいおすすめスキンケアアイテムまとめ

続きを見る

敏感肌とは?

乾燥肌との違い

乾燥肌や敏感肌ってどんな状態?原因と対策

女性の7〜8割が乾燥肌であり、それと同時に敏感肌にも悩んでいると言われています。

乾燥肌は前述したように、肌の中の水分を保てなくなった状態のことを言いますが、敏感肌に関しては、実は医学的にもこれ!といった定義がありません。

乾燥肌、敏感肌どちらにも共通しているのが『肌のバリア機能の低下』ですが、敏感肌は、この機能の低下により、ちょっとした刺激にも肌が過敏に反応し、トラブルを起こしやすくなります。

敏感肌チェック

あなたはいくつ当てはまりますか?

  1. いつもの化粧品で、時々肌がかゆくなったりする
  2. いつもの化粧品で、たまにピリピリと刺激を感じたりする
  3. 季節の変わり目に肌が不安定になる
  4. 定期的にお肌が不安定になる
  5. 花粉やホコリなどで、肌が痒くなる
  6. 紫外線に当たると、赤みが出たり湿疹が出来たりする
  7. 寒い季節になると、カサついて粉がふいたようになる
  8. 汗をかくと、肌が痒くなる
  9. ストレスが溜まっている
  10. 睡眠不足
  11. 食生活が不規則
  12. 肌が乾燥している
  13. ニキビなど肌荒れが気になる
  14. 仕事が忙しく、気付くと肌が荒れている

1〜3つくらいではまだ敏感肌とは言い切れませんが、5つ以上当てはまる方は敏感肌の可能性が高いです。

敏感肌の原因

30代女性のクレンジング

敏感肌に医学的な定義はないとお話しましたが、それではなぜ、敏感肌になってしまうのでしょうか?

敏感肌になっている時は、外部からの刺激などからお肌を守ってくれるバリア機能が低下しています。

バリア機能が低下すると、お肌の中の水分を保てなくなったり、外部からの刺激に反応しやすくなり、かゆみや赤み、かぶれなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

この皮膚のバリア機能が低下する原因として、ストレスや睡眠不足、月経や妊娠・出産によるホルモンバランスの変化などの内的要因と、紫外線や気温、ほこりやハウスダスト、P.M.2.5や貴金属、使用している化粧品の成分や間違ったスキンケアなどによる外的要因が挙げられます。

このような要因が肌への刺激になり、肌トラブルを起こしてしまうのが、敏感肌の特徴です。

乾燥肌、敏感肌さんのスキンケアのポイント

乾燥肌も敏感肌も皮膚のバリア機能が低下しているという点では同じです。

お肌の乾燥状態が悪化すると、敏感肌になると言ってもいいでしょう。

お肌が敏感になっていると感じる時は、『お肌への負担をなるべく減らす』ことと、バリア機能を高めるための『保湿』のお手入れを心掛けるようにしましょう!

クレンジング

乾燥肌や敏感肌ってどんな状態?原因と対策

メイクを落とそうとすると、ついつい力が入りすぎてしまいがちですが、お肌が敏感になっている時は『こする』という行為はNGです。

また、使用するクレンジング剤はオイルタイプでは必要な皮脂まで落としすぎてしまう可能性があります。

クリームタイプを使用して、優しい力で落とすようにしましょう。

また使用量が少ないと、手と皮膚の間で摩擦が起こりやすくなりますので、使用量もしっかり守るようにしましょう。

こちらも参考に

保湿ケアに必要なスキンケア成分
30代女性に人気のおすすめクレンジング!オイル・バームなど種類と特徴から徹底比較!

続きを見る

洗顔

30代女性におすすめ基礎化粧品と正しいスキンケア対策のイロハ!

洗顔もクレンジング同様、こすって摩擦が起こることが1番NGです!

洗顔料は、とにかくしっかりと泡立てましょう!

泡がクッションになり、手がお肌に当たらないくらいの泡を立てるのがポイントです。

手でそのくらいの泡を立てるのは時間もかかりますので、泡だてネットなどを使用すると、簡単にきめ細かい泡を立てることが出来ます。

また、クレンジングや洗顔料を洗い流す時のお湯の温度も大切なポイントです。

熱すぎるお湯は、お肌の上の必要な皮脂まで溶かしてしまい、余計に乾燥してしまう原因になります。

少しぬるめかも…と思うくらいの温度で、すすぎ残しのないように洗い流しましょう。

こちらも参考に

30代アラサー女性の正しい洗顔方法とおすすめ洗顔料をご紹介
おすすめ洗顔料人気ランキング!毛穴をきれいに後のスキンケアを活かす正しい洗顔方法

続きを見る

保湿ケア

乾燥肌や敏感肌ってどんな状態?原因と対策

化粧品は、その種類によって役割が違います。

  • 化粧水・・・お肌に水分を補給する保水アイテム
  • 保湿美容液・・・保湿するための成分や、栄養分を肌へ補給するアイテム
  • 乳液・・・水分や保湿成分を維持するアイテム。化粧水とクリームのなじみをよくする働きもあります。
  • クリーム・・・皮膚の上で油の膜を作り、水分が肌から出ていくのを防ぐアイテム

これら、どれか1つだけでは十分に保湿ケアをすることはできません。

それどころか、単品だけのお手入れだと、逆にお肌を乾燥させる原因にもなってしまいます。

性質を理解し、組み合わせて使用することで、保湿ケアの完了になりますので、乾燥肌、敏感肌の方は特に重ねて使用することをオススメします。

また、洗顔後のお肌はデリケートで乾燥しやすいので、なるべく早くケアをしましょう!

こちらも参考に

UVケア

乾燥肌や敏感肌ってどんな状態?原因と対策

お肌が敏感になっていると、紫外線の影響でも肌トラブルが出やすいです。

UVケアはとにかくしっかり行うことをオススメします。

しかし、本来ならお肌を守るための日焼け止めにも、敏感肌さんには刺激になってしまう成分が入っているものもあるので注意が必要です。

私たちが普段使っている日焼け止めには

【紫外線吸収剤】が使用されているものと【紫外線散乱剤】が使用されているものに分けられます。

吸収剤が使用されているものは、紫外線を1度肌に吸収してしまうので、敏感肌さんには刺激になることもあります。

敏感肌さんは紫外線散乱剤が使用された日焼け止めの使用をオススメします。

とは言っても、どれが散乱剤なの?と思いますよね?

散乱剤が使用されているものは、塗った時に白っぽくなりやすかったり、ノンケミカル処方と書かれていたり、赤ちゃんでも使えるものが多いのですので、参考にしてみてくださいね♡

こちらも参考に

悪化するようならすぐに皮膚科へ!

正しいスキンケアを毎日行っていても、ちょっとした変化でお肌にトラブルが起きてしまうのが敏感肌です。

赤みなども、すぐに治るようであればあまり気にする必要はありません。

しかし、敏感肌だと思っていたらアトピー性皮膚炎や酒さなどの皮膚疾患であったり、何かにかぶれたりしている場合もありますので、自己判断はせずに、皮膚科を受診するようにしましょう!

乾燥・敏感肌さんにオススメな化粧品♡

ヒフミド

肌に元々あるセラミドと同じ型のヒト型セラミドI ・II・Ⅲを配合し、肌本来の潤いをサポート!
ヒフミドトライアルセット

キュレル 潤浸保湿 フェイスケア

キュレル 潤浸保湿 フェイスケア

守って補うセラミドケア!

保湿ケアに重要な『セラミド』を効果的に補い、バリア機能の働きを助けながら肌に潤いを与えてくれます。

NOV L&W トライアルセット

低刺激性スキンケア商品。

敏感肌のことを考えて作られているので安心して使用できます。

高い保湿効果で、刺激に負けないお肌を作ります。

アヤナス

【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

乾燥などのストレスに揺るがない肌作りを…。

敏感肌ケア×乾燥などのストレスケア×加齢によるエイジングケアを叶えてくれる化粧品。

ライスフォース

肌自らが潤う力を育む。

肌の水分保持機能を改善すると認められたライスパワーNO.11エキス配合。

医薬部外品のため、敏感肌の方にも安心。

アルビオン

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル

2008年にベストコスメ大賞を受賞してからずっと愛され続けるロングセラー化粧水。

スキコンの愛称で親しまれ、肌荒れや乾燥を防ぎ、心地よく引き締めます。

紫外線などの影響を受けた肌のお手入れにもおすすめ。

こちらも参考に

なぜ乾燥する?正しい保湿ケアと必要なスキンケア成分

お肌の乾燥に悩んでいる方はとても多いです。

どんなものを使ってお手入れしたらいいのだろう?と考えた時、たくさんの成分を目にしますよね。

しかし、どの成分が何に効いているのかよく分からない…という方がほとんどではないでしょうか?

今回は【保湿】をテーマにどんな成分が効果的で、どんな働きをしてくれるのかお話していきます。

なぜ、お肌が乾燥するのか?

私たちのお肌は、健康な状態であれば、肌本来の力で水分を保持し、外部からの刺激からもお肌を守ってくれる『バリア機能』が備わっています。

このバリア機能は、お肌の1番表面の【角質層】という部分に大きく関わています。

この角質層は「角質細胞」「角質細胞間脂質」から成り立っています。

レンガの壁をイメージして頂けると分かりやすいかもしれません。

角層細胞がレンガで、レンガの間を接着しているセメントが角質細胞間脂質です。

このレンガのような角質細胞の中にはNMF(天然保湿因子)が存在します。

NMFは水分を取り込んで抱え込む保水性に優れており、角質層に潤いを与える働きをしています。

また、セメントの働きをしている角質細胞間脂質はその40~50%がセラミドという成分で出来ています。

角質細胞間脂質は角質細胞の隙間を埋めて、外からの刺激から肌を守ったり、水分の蒸発を防ぐ役割をしています。

また、角質層の上には、汗+皮脂から出来た天然の皮脂膜があり、この皮脂膜もお肌から水分が蒸発するのを防ぎ、外部からの刺激からもお肌を守ってくれています。

この角質細胞と角質細胞間脂質と皮脂膜の3つは、お肌の保湿にとってとても重要な働きをしており、その中の1つでも不足するとバランスを崩し、バリア機能が弱まってしまいます。

「乾燥」というトラブルはバリア機能が弱まることで起こります!

いくら高級な化粧品を使ってお手入れしても、このバリア機能が崩れていると全く効果がありません。

肌の表面だけをベタベタにして潤っているように見せかけるお手入れではなく、必要なものを補給し、さらに逃げていかないようにするお手入れをすることが大切です。

「保水」「保湿」とは?

保水と保湿の違いをご存知でしょうか?

「保水」とは、水分を肌に補給し、水分を保つことを言います。

スキンケアでいうと化粧水にあたります。

一方、「保湿」とはお肌が適度に潤った状態を保つことです。

スキンケアでいうと乳液やクリームでお肌に潤いを閉じ込めるお手入れです。

似ているようで、まったく違うお手入れで、どちらか一方ではなく、両方ともとても大切なお手入れになります。

保水・保湿のお手入れがしっかりと出来ていれば、肌トラブルが起こりにくいと言われています。

私たちは本来であれば、自分でお肌に潤いを保つ機能を持っているのですが、外部からの刺激や加齢などの影響で、自分の力だけできれいな肌を維持することは困難です。

正しい保湿ケアをして、ハリのあるみずみずしいお肌を手に入れましょう!

間違った保湿ケア

「お肌が乾燥しているから、たっぷりと化粧水をつけているの」と言われる方が多くおられます。

これ自体は間違ったお手入れではありません。

しかし、【お肌に水分を与えること=保湿】と考える方が多いですが、これは間違いです。

上でも述べたように、お肌に水分を与えるお手入れは「保水」です。

晴れた日の水たまりを想像してもらえると分かりやすいでしょう。

最初は水が溜まっていても、だんだんと乾いて蒸発しますよね。

これと同じで、化粧水だけのお手入れは、一時的にお肌を湿らせているだけです。

この水分をお肌にとどめておくことが出来て、はじめて「保湿」です。

さらに、化粧水だけでのお手入れは逆に乾燥が進んでしまう可能性があることをご存知でしょうか?

肌の水分は、蒸発して出ていくときに、肌の内部の水分も一緒に持って出て行ってしまいます。(過乾燥)

洗い物などの水仕事をしてそのままにしていると、手指が乾燥してカサカサになってしまったことはありませんか?

水分だけで保湿できるのであれば、水仕事をしているときれいになるはずですよね。

ですから、「化粧水だけ」でのお手入れはNGです。

では、「乳液」「クリーム」はどうなのでしょうか?

化粧水が水分であるなら、乳液・クリームは「油分」です。

乾燥はそもそも水分が足りない状態ですので、油分を補給しても改善されません。

クリームなどを塗ると、外からの刺激をブロックしてくれるので、かゆみやひび割れなどの痛みがなくなり、何となく状態が良くなったように感じます。

しかしこれは、保護しているだけで本当の意味での「保湿効果」はありません。

ですから、保水のための水分と、その水分を逃がさないための油分のどちらも補給してあげることが大切です。

合わせて読みたい

正しい保湿ケア

では、正しい保湿ケアとはどのようにするとよいのでしょうか?

まずは、基本的なお手入れの方法をお伝えしていきます。

正しい洗顔

保湿ケアに必要なスキンケア成分

スキンケアの中で1番重要と言われているのが「洗顔」です。

どんなに高級な化粧品を使っても、どんなに保湿ケアを頑張っても、クレンジングと洗顔が正しく行えていないと効果は半減してしまいます。

まず、クレンジングですが、しっかりとメイクを落としたいからとゴシゴシこするのはNGです!

クレンジングのポイントはメイク汚れを”浮かす”ことです。

クレンジング剤で落とすのではなく、クレンジング剤の中にメイク汚れをなじませるように浮かします。

使用料が少ないと肌への負担になってしまうので、パッケージに書いてある使用量を守り、ゆっくりと優しくメイクを馴染ませます。

そして必ず”ぬるま湯”で優しく20回ほどすすぎます。

くれぐれもシャワーの水を直接肌にかけることはしないでくださいね。

続いて洗顔です。

無意識に泡でゴシゴシこすっていませんか?

洗顔でまず大切なのは、たっぷりの泡を泡立てることです。

手のひらにのせてひっくり返しても落ちてこないくらいのモコモコの泡が理想的です。

手ではなく、その泡で洗うイメージで洗顔します。

肌が動かないくらいの優しい力加減で洗い、こちらもぬるま湯で20回ほどしっかりとすすぎます。

生え際などはすすぎが甘くなりがちなので、まんべんなくすすぎましょう。

すすぎ残しはお肌のダメージに繋がります。

正しい洗顔をすると、必要なものを落とすことがないので、バリア機能も崩れにくいです。

化粧水の付け方

敏感肌・乾燥肌チェック!原因と対策、プロおすすめコスメをご紹介

洗顔後は、皮脂の量が少なくなっているので乾燥しやすいです。

肌の上に水分を残したままにしておくと、表面の水分が蒸発するのと一緒に、肌の内部の水分も一緒に出て行ってしまうので(過乾燥)、洗顔後はすぐにタオルで水分をふき取りましょう!

この時もゴシゴシと拭くのはNGです。

優しく押さえるようにしてふき取りましょう。

そして、なるべく時間を空けずに化粧水で保水します。

たくさんの量を一気につけるのではなく、少量づつ何度かに分けて付けると、まんべんなくしっかりと保水できます。

コットンでつけても、手でつけてもいいですが、肌質にもよりますので、肌が敏感になって赤みなどが気になる方は手でつけるなど、自分の肌をよく観察しましょう。

合わせて読みたい

大人女性お肌の悩み別おすすめ化粧水まとめ!お肌にうるおいを♩
大人女性お肌の悩み別おすすめ化粧水まとめ!お肌にうるおいを♩

続きを見る

乳液・クリームの付け方

化粧水は水分なので、そのままだと蒸発してしまいます。

必ず、油分のある乳液やクリームで保護膜を作ってあげましょう。

乳液やクリームもたっぷりと付けるとよい。と思っている方も多いですが、これも間違いです。

乳液やクリームの付けすぎは、角質をふやかしてしまうのでバリア機能が弱まり、傷つきやすくなります。

容量はしっかりと守りましょう。

敏感肌や、赤みの気になる方は、こするようにつけるのではなく、手のひらに伸ばしてから顔全体を包み込むように、優しく押さえてつけてあげるとよいです。

合わせて読みたい

大人女性向けフェイスクリーム一覧 肌悩み別の選び方や役割まとめ

続きを見る

保湿ケアに有効な成分

保湿ケアと聞いた時に、この成分が入っているものを選ぶといいんだろうな。と何となく知っている方は多いと思います。

ここでは、本当に効く成分となぜ効くのかを簡単にお話したいと思います。

セラミド

なぜ乾燥するのかというところでお話したように、角質細胞間脂質の40~50%を占めているのがセラミドです。

もともとお肌の中にある成分であり、肌に水分を抱え込み、外へ蒸発しないように留めておく働きを持っています。

このセラミドがお肌から全くなくなると、肌の水分は80%も低下すると言われています。

つまり、肌の水分の80%を維持しているのはセラミドの力ということになります。

保湿成分の中で最も効果のあるものと言ってもいいでしょう。

このセラミドも加齢や、紫外線などの刺激でバリア機能が崩れることにより、だんだんと少なくなっていきます。

市販されているものでもたくさんのセラミド関連商品がありますが、目安としては3000円以上のものを選ぶといいです。

中でもセラミド1・2・3といったセラミド+数字のものや、セラミドEOP・NSといったセラミド+アルファベットで表記してあるもの選ぶことをおすすめします。

コラーゲン

お肌の支柱である真皮層の70%を占めるのがコラーゲンです。

コラーゲンは乾燥はもちろん、肌のハリや弾力といった部分にも大きく関わっていますので、積極的に取り入れたい成分です。

しかし、一般的に流通している化粧品は、お肌の角質層までしか浸透してはいけないということが薬事法で決められています。

よく化粧品のパッケージなどを見ていると、※角層まで。などといった注意書きがあるのもこのためです。

キャッチコピーには、肌の奥まで浸透していそうなことが書いてありますが、化粧品は全て角質層までしか浸透しません。

ですから、基本的にはお肌につけたコラーゲンの成分が必要な真皮層まで届くことはありません。

しかし、前述したセラミドとコラーゲンはセットになってお肌から失われるので、角質層に少しでも補給してあげることはとても大切です。

また、日頃の食生活などでコラーゲンを増やすこともできます。

コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCをしっかり採ること!

アミノ酸の、多い豚肉や、鶏むね肉、大豆などもおすすめです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸も元々お肌の中にある成分です。

ヒアルロン酸はたった1gで、6Lもの水分を保持できると言われており、保湿には欠かせない成分です。

しかし、ヒアルロン酸は分子量が大きく、お肌に浸透させることができません。

分子を小さくすればするほどゼリー状に固まってしまうので、小さくしたからといってお肌に浸透させることはできない成分です。

基本的には注射以外では肌の中にいれることはできないと知っておきましょう。

しかし、肌の表面に協力な保護膜を作ることができるので、ヒアルロン酸を取り入れることで、肌の中の水分を外へ逃がさない働きをしてくれる心強い成分です。

クリームなどに入っているものを使用するといいでしょう。

正しい洗顔方法と必要な成分を理解する

保湿ケアに必要なスキンケア成分

乾燥肌に必要なスキンケアの成分は、私たちのお肌が元々持っているセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸の3つが基本になります。

セラミド以外は化粧品で補給することが難しい成分ではありますが、この3つは外からの刺激や加齢などが原因で少しづつ肌の中から減っていってしまいます。

ですから、補給すると同時に減らさないというのも大切なお手入れの1つです。

食事で必要なものを取り入れたり、適度な運動や睡眠など生活習慣の見直しも大切なポイントです。

そのうえで、スキンケアで必要なものを一緒に補給してあげましょう。

肌が乾燥しなくなると、きめ細やかなツヤのある肌になります♡

ぜひ毎日のスキンケアの参考にしてくださいね。

まとめ

乾燥肌と敏感肌は、お肌のバリア機能が低下しているという点では同じです。

しかし、この2つの肌状態は別物であるということを覚えておきましょう!

乾燥肌だと思ってお手入れをしていてもなかなか敏感肌は改善されません。

間違ったお手入れは、肌の状態を悪化させてしまう可能性もありますので注意が必要です。

お肌は薄く、デリケートな部分なので、ちょっとしたことがすぐにトラブルに繋がってしまいます。

ご自身の肌の状態を常に観察し、状態に合わせたお手入れをすることで防げるトラブルもあります。

お肌が疲れ気味だなと感じたら、普段とは少しお手入れを変えてみてくださいね♡

きっと潤いのある、みずみずしい肌をキープすることが出来ますよ♡

30代大人女性のスキンケア

30代アラサー女性の正しいスキンケア対策のイロハ!おすすめ化粧品まとめ
30代女性におすすめ基礎化粧品と正しいスキンケア対策のイロハ!

続きを見る

  • この記事を書いた人

KIRAHADA編集部

-ビューティー
-,