除毛クリームの使い方と市販商品おすすめ商品3選まとめ

女子にとって、ムダ毛処理は女子力をあげるための基本の「き」ですよね。

こまめに剃ったり、抜いたり、ツルツル肌を保つのってとっても大変です。

そこで、新しい自己処理の方法「除毛クリーム」を試してみるのはどうでしょうか。

剃ったり抜いたりは時間がかかったり、肌ダメージもかかって、もういや~~となってしまいますが除毛クリームは塗って流すだけでツルツル肌が手に入るので短時間でお肌に優しくムダ毛処理ができますよ♪

今回は気になる除毛クリームについて、メリットやデメリット、使い方やおすすめのドラッグストアで買える除毛クリームを紹介しちゃいます♡

除毛クリームってどんなもの?

除毛クリームとはアルカリ性の薬剤で毛のタンパク質に作用し、毛を溶かしてくれるムダ毛の自己処理グッズです。

表面にある毛を溶かしてくれているので毛根はそのままです。

除毛クリームは塗って流すだけ!といっても肌に薬剤を塗ることのデメリットももちろんあり、きちんとメリット・デメリットを把握したうえで、除毛クリームを正しく使いましょう♪

除毛クリームのメリット

リーズナブル

ドラッグストアで1,000円もしないものもあるなど、除毛クリームはとってもリーズナブル♪

脱毛サロンに通う料金と比べてはるかに安いので自己処理にお金をかけたくない人にはとってもありがたい自己処理グッズです。

手軽に除毛できる

塗って約5分から10分待つだけで除毛が完了♪

5分10分の間、歯を磨いたり顔を洗ったり、なにかしながら待てるのもいいですよね。

毛が太く見えない

カミソリで自己処理した場合、刃をすべらすことで毛の切り口が斜めになり太く見えてしまってポツポツが目立ってしまうことも・・。

しかし、除毛クリームは肌にしっかり密着し、カミソリで剃るよりも深いところまで行き届き、毛先を丸く溶かしてくれるのでポツポツが目立ちません。

チクチクしない

ムダ毛の毛先を丸く溶かしてくれることによって、再び生えてきたときにチクチクしずらいのく、ストレスも少し軽減されます。

特にVIOやワキは太くて毛がしっかりしているので、チクチクしているとかゆかったりかぶれたり、肌トラブルが起きやすいですが、除毛クリームならチクチクによるトラブルはほぼありません♪

除毛クリームのデメリット

肌トラブルを引き起こすことがある

除毛クリームはアルカリ性の薬剤でタンパク質である毛を溶かしてくれますが、肌も同じくアルカリ性でダメージがゼロではありません。

肌が弱く、かぶれやすい人は肌トラブルを引き起こすことも・・。

敏感肌用の除毛クリームを使ったり、使用する前は必ずパッチテストをするようにしましょう。

アレルギーがでる場合がある

除毛クリームには様々な成分が配合されていて、刺激も強いです。

パーマ剤やカラーリング剤と同じようにアレルギー反応がでてしまい赤みが出たり、かゆくなってしまうことがあります。

また、アレルギー体質でなくても免疫力が低下している状態に使用すると同じような症状がでてしまうことがあるので気をつけましょう。

匂いがきつい

最近の除毛クリームの匂いは大分マシになったといわれていますが、やはりツーンとした匂いがしてしまいます。

同居している人に迷惑がかかってしまったり、自分自身が気分が悪くなってしまった・・なんていう口コミもあります。

除毛クリームの使い方

除毛クリームの使い方はとっても簡単♪

ですが、肌に負担をかけないために気をつけなければいけないこともたくさんあります。

正しい使い方を守って使用するようにしましょう。

1.パッチテストを行う

パッチテストとはその除毛クリームをつかって肌にアレルギー反応がでないか、トラブルが起きないかチェックすることです。

脱毛したい部分の1部分に直径3センチほどのクリームをつけて、決められた時間待ちましょう。

そして流したら、二日間ほど待って、なにもおこらなければOK!

大事な肌が取り返しの付かないことにならないようしっかり確認しておきましょう。

2.毛穴を開かせる

肌に直接塗る際に、毛穴が開いていたほうが肌トラブルが防げて、しっかりムダ毛にクリームが届いてくれるので効果も上がります。

毛穴を開かせる方法としては湯船にはいったり、蒸しタオルを当てるといいでしょう。

3.肌の水分を拭き取っておく

肌に水分や汗が付着していると除毛クリームがしっかり肌に密着せず、肌の根本にまでクリームが届きません。

根本にきちんと届かなければせっかく除毛しても根本の黒い部分が残ってしまい、ポツポツが目立つ肌に・・。

しっかりタオルなどでふきとっておきましょう♪

4.毛を覆うように均一に塗る

除毛する際にまばらにならずに、キレイにすべてのムダ毛が溶けるようにするために均一に塗ることが除毛クリームでのムダ毛処理を成功させるポイントです。

そして量をケチって少ししか塗らないのもNG!

多めにたっぷりと覆うように塗りましょう。

5.円を描くように優しく除去する

肌は薬剤によってダメージを受けやすい状態です。

そのなかでゴシゴシこすってしまうとさらにダメージを与えて、赤みや、乾燥の原因に繋がります。

優しく円を描くようにスポンジやタオルでくるくるすれば、キレイにムダ毛が溶けてツルツル肌に!

力の入れすぎは絶対NGです!

6. アフターケアをしっかりと行う

除毛クリームをしっかり流した後はアフターケアとして保湿を忘れずに。

アルカリ性の薬剤で肌も表面が少し溶けてしまっているのでさらに乾燥しやすい状態になっています。

その状態では肌トラブルが更に起きやすくなってしまうのでできるだけ化粧水・乳液・クリームなどで保護しましょう。

市販のおすすめ除毛クリーム3選♡

ヴィートバスタイム 除毛クリーム 905円(税込み)

ヴィートバスタイム 除毛クリーム

デリケートゾーン、顔への使用はできませんが、ビキニラインやわきなどの太くてしっかりした毛もツルンツルンにしてくれる、ロングセラー商品です。

ドラッグストアだけではなくスーパーでも見かけるので買いやすいのもいいですね。

そして、肌に嬉しい敏感肌用でアロエベラやビタミンEが配合された成分はお肌にも優しいので肌が弱い方にもおすすめです。

お湯を直接かけなければシャワー中にも使えるので、バスタイムのお手入れにもピッタリ♪

Amazonで商品をチェック

エピラット除毛クリーム 977円(税込み)

エピラット除毛クリーム

エピラット除毛クリームは使用可能範囲が、腕・足・ワキ以外は使用禁止とされていて、使える範囲が狭い除毛クリームですが、その分効果はバツグン♪

日本生まれで肌に優しく、

  • カモミールエキス
  • 海藻エキス
  • 植物性スクワラン
  • ローヤルゼリーエキス

などの自然由来成分がたくさん含まれいます。

そして、除毛クリームといえば独特のいやな匂いがするイメージがありますが、エピラットは香りつきのシリーズや、嫌な匂いを極限まで抑えた無香料タイプが売っているので、匂いがきついのが苦手な人にもおすすめ♡

Amazonで商品をチェック

ラブリーゾーンヘアリムーバー 2,418円(税込み)

ラブリーゾーンヘアリムーバー

除毛クリームのほとんどがアンダーヘアへの使用をしないように明記されていますが、ラブリーゾーンヘアリムーバーはVライン専用の除毛クリームです。

Vラインの毛は太くてしっかりいるのに下着とのかぶれで肌トラブルも起きやすい部分です。

ラブリーゾーンヘアリムーバーなら、抗炎症作用のある成分、保湿成分がたくさん含まれていて肌にも優しいのが特徴です。

口コミには、あんなに固くてゴワゴワの毛もこれならキレイになる!といいものが多い一方で、少し値段が他のものと比べて高いことや、ローズの香りと書いてあるものの、パーマ液のような匂いがした との声も。

Iライン、Oラインには使えない商品名の間違えないように気をつけましょう!

Amazonで商品をチェック

まとめ

除毛クリームはなんと言っても塗るだけ!流すだけ!のツーステップで速攻つるつるになれるのがいいですよね。

背中などカミソリでは処理しにくい部分につかうのもおすすめです。

しかし、毛根ごとなくなっているわけではないのでツルツル肌は約3~4日しかもたないのも把握しておきましょう♪

肌見せする前々日、前日に使用するとキレイな状態で肌見せできますよ!

脱毛サロンに行くならココがおすすめ!

みんなが行きたい人気の脱毛サロンランキング

コメント