ハイジニーナって何?メリット・デメリットなど

ハイジニーナって何?メリット・デメリットなど 脱毛部位と種類

脱毛事情にはトレンドがつきものですが、今若い女性に「ハイジニーナ」が流行中なのをご存知ですか?

ハイジニーナとはアンダーヘアを全てなくしてしまうこと。

欧米ではハイジニーナはごく一般的なことであり、その快適さが日本の女性にも伝わりだんだん普及し始めています。

しかし、ハイジニーナは普及し始めているとはいえ、まだまだどんなものか未知なもの。

今回は、ハイジニーナのメリットやデメリット、実際にハイジニーナにした人の声、気になる男性ウケなど、ハイジニーナのすべてを徹底解説してみました♡

これを読めばハイジニーナのすべてが丸わかり♡

ハイジニーナとはどんなもの?

ハイジニーナとはアンダーヘアをすべて処理して、全く毛がない状態にすることを言います。

「ハイジーン(higiene)」には「衛生的」という意味がある通り、毛がないことで、女性が気になる毛についた尿やおりものや生理中の経血、雑菌やにおいが発生しづらくなくなり衛生的に♡

欧米のファッションリーダー、海外セレブ、女優などがはじめたトレンドで、今では欧米の女性の間ではごく当たり前になりました。

最近では日本の女性の間でも一般的になりつつあり、身だしなみのひとつになりつつあります。

なにより女性は特に毎月の生理の際、毛についた血をそのまま放置しなければならないので一度はなんとかしたい・・。とおもったことがあるはず。

そんな女性の悩みを解決してくれるハイジニーナはこれからもっと広がっていくことに間違いありません♡

ハイジニーナとVIO処理の違いは?

ハイジニーナはよくVIOの処理と混同されがちですが、まったくちがうものです。

ハイジニーナは完全に無毛の状態。

VIO処理はVIOのムダ毛を処理するもので、アンダーヘアは残した状態のことを言います。

サロンに通う場合は違いをはっきり把握し、サロンのスタッフさんに確実に伝えるようにしましょう♡

ハイジニーナにする場合何回通えばツルツルになる?

アンダーヘアは他の体のパーツと比べ、毛が太くしっかりしています。

ですから、完全に無毛にするなら回数が多く必要です。

光脱毛の場合であれば特に、Iラインが回数が必要と言われており、個人差がありますがツルツルになるまで10回~18回ほどの回数が必要です。

期間にすると1年半~3年ほどです。

医療脱毛の場合は6回ほどかかるといわれ、光脱毛と比べればまだ早く完了します。

光脱毛や医療脱毛は、他のパーツにかかる時間の約倍かかってしまうのは、陰部の色素沈着や乾燥が関係しているので仕方ない問題とも言えるでしょう。

効果をさらにあげ、早く脱毛する近道は、自己処理を今すぐやめ、色素沈着を防ぐことがポイント!

自宅でも更にはやくツルツルになれるよう、保湿をこまめにするのもいいかもしれません♡

ハイジニーナのメリット

ハイジニーナにはメリットがいっぱい♡

ハイジニーナのメリットには女子力がいっぱい詰まってますよ。

1.清潔感がある♡

 

清潔感は丁寧に手入れをしている人に与えられた特権です。

全く手入れをしていないアンダーヘアはいわば「ジャングル」。

なにも清潔感はありません。

また、自己処理をしている人も、見えない部分だからこそ、案外気づかない色素沈着や肌荒れが。

特にカミソリでの自己処理は色素沈着を起こしやすく、黒ずみが気になってしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ハイジニーナなら、無毛であることから、スッキリした印象になり、自己処理によるトラブルも最小限に抑えられます♡

目の届かないOやIラインもツルツルになることによってパートナーからもいい印象をもってもらえますよ。

2.衛生的でスッキリ♡

アンダーヘアには汚れや雑菌がたくさん溜まってしまいます。

その都度、シャワーをあびたり下着を変えたりするわけにはいきませんよね。

デリケートゾーンであることで粘膜に近い部分ですし、雑菌はとっても気になります。

アンダーヘアは時に匂いや肌トラブルの原因のもとになることもあり女性なら一度はなんとかしたい・・と思ったことがあるのでは?

ハイジニーナはそれにくらべてとっても衛生的で清潔!

膣カンジタなど慢性的に発生する人は衛生的になったことで再発が減ったり、生理の時にとっても快適に過ごせるとの喜びの声もたくさんあります。

3.下着、水着をキレイに着こなせる♡

可愛い下着を履いてもアンダーヘアの膨らみでもっこりして見えたり、Vラインから毛がはみでていたり、伸びかけの毛がアンダーヘアを通ってでてきてしまっている状態は女子力がかなり低く見えてしまいます。

水着も同じでしょう。

アンダーヘアの悩みのせいで可愛い下着や責めたセクシーな下着、はやりの水着を躊躇してしまうことも・・。

ハイジニーナにすればこのような悩みがすべて解決しちゃいます♡

どんな下着も水着もなんでもござれ♡

もっとあなたを自信に満ち溢れたステキな女性にランクアップしてくれるに違いありません。

今まで以上に下着や水着選びが楽しくなっちゃいますよ。

4.自己処理いらずでストレスフリーに♡

見えない部分に刃物を当てて、自己処理なんて怖いですよね・・。

カミソリによってケガをしやすい部分でもあり、とても危険なVIOの自己処理。

しかもカミソリでの処理は、色素沈着も起こしやすく、黒ずみの原因にもつながります。

生えかけのアンダーヘアはチクチクしてしまいますし、すぐ伸びてきてしまい、かなりストレスですよね。

ハイジニーナにすれば面倒な自己処理がいりません!

もうわずらわしいムダ毛処理のことを考えなくていいんです。

ハイジニーナにするには光脱毛だと1年以上の期間がかかりますが、それでも段々薄くなり、自己処理にかかる時間が減っていきます。

早くハイジニーナになるための施術をすることで、自己処理による肌トラブルも最小限!

あなたもハイジニーナでストレスフリーになってみませんか?♡

5.出産・介護の際、介助者の負担を軽減させる♡

出産や介護の際、介助者に体を拭いてもらったり、下着を変えてもらうことがあります。

その際、伸ばしっぱなしのアンダーヘアよりかは無毛状態のハイジニーナのほうが介助者の負担も減ります。

特に出産の際は、出産後しばらく悪露が出続けるので、生理の際よりもアンダーヘアは血まみれになってしまうことも。

しかも介助者によってナプキンを変えてもらう必要があり、その際いくら慣れているひとでも気をつかう人もいます。

自分の体が思い通りに動かないときこそ、せめてよりお互いが気持ちよく過ごせるよう事前に準備しておくこともストレスフリーへの第一歩かもしれません♡

ハイジニーナのデメリット

ハイジニーナには実生活で快適に過ごせるメリットがたくさんありました!

が、ハイジニーナには気持ちの部分でデメリットが発生することも・・。

また、本来あるはずの毛がなくなることで起こる問題もあるようです。

1.施術時の痛みが他の部位より感じることも・・

アンダーヘアは他の部位のムダ毛よりも濃く、しっかりしています。

ですから、黒い部分に反応する光脱毛や医療脱毛の場合、ゴムで弾かれたような痛みとよく言われますが、より他の部位よりその感覚を強く感じることも・・。

また、皮膚が薄い部分でもあることから、ブラジリアンワックスなど毛根から引き抜く施術にしても他の部位よりも強く痛みを感じやすいそう。

耐えられないほどではないという口コミをよく見ますが、痛みに弱い方は、アンダーヘアの施術は1番痛みが少ない光脱毛を選ぶといいかもしれませんね。

2.温泉や銭湯で少々びっくりさせることも・・

若い女性にとってはハイジニーナはそれほど珍しいことではありません。

しかし、トレンドだと知らない世代の人からみると無毛のハイジニーナは珍しく、温泉や銭湯で少し恥ずかしい思いをした・・という人も。

温泉や銭湯などで他人の体を凝視することはないにしても、見られてる・・?と気になることはあるかもしれませんね。

3.下着や生理ナプキンが直にあたることでかぶれが起きる可能性がある

本来アンダーヘアの役割は肌を守るクッションの役目があります。

しかし、ハイジニーナにすることで下着や生理ナプキンが直接肌に触れ、肌が弱い方はかぶれが起きてしまうことも・・。

ポリエステルなどの化学製品が苦手な方は、ハイジニーナにはせず、薄毛の状態にしたり整える程度にしておくほうがいいでしょう。

完全に毛をなくすのではなく、薄毛にする人もいる

ハイジニーナとまではいかない、薄毛にする女性も多くいます。

薄毛のアンダーヘアにするのには、ハイジニーナにするにはそこまでの勇気がまだわかない人が多いようです。

ハイジニーナよりはナチュラルですし、なにも処理していないよりは清潔で衛生的ですよね♡

好みに合わせて、毛の量を調整するといいでしょう。

ハイジニーナにするにはどんな施術が向いている?

ハイジニーナにするためには様々な方法があります。

予算やライフスタイル、今後のことを考えて、ピッタリの施術方法を選びましょう!

1.光脱毛

最もリーズナブルにハイジニーナになれる方法です。

アンダーヘアの毛は濃いのでつるつるになるまで回数が必要ですが、リーズナブルに痛みも少なく施術してもらえます。

永久の効果ではないので、またじきに生えてくる可能性もあるので考慮しておきましょう。

2.医療脱毛

強いレーザーを当てる医療脱毛。

光脱毛よりは痛みが強いと言われていますが、効果は永久的なのでしっかりツルツルになれます。

しっかり効果が欲しい方におすすめです♡

3.ブラジリアンワックス

自然由来のワックスを肌に塗り、冷え固まったところを一気に毛根から剥がす方法。

ブラジリアンワックスでハイジニーナにする方は多く、2~3週間に一度最初の方は通わなければいけませんが、また生えてくる施術だからこそ、夏など肌見せ期間が多いときだけハイジニーナにしたい!など期間限定でハイジニーナにすることが可能です。

また、永久的にハイジニーナにする勇気がまだ出ない方にも向いています。

ただし、他の部位と比べ、デリケートゾーンであることから赤みや痛みが起こりやすいので注意が必要です。

4.ニードル脱毛

毛穴ひとつひとつに針を刺し、電流を流すことによって、毛根の組織を破壊する施術方法です。

効果は永久ですが、痛みが強く、高価でかなり時間がかかりますし、ずっと同じ体勢でいることで疲れやすいのでハイジニーナには不向きの施術とも言えます。

光脱毛や医療脱毛で処理しきれなかった毛が少々残ってしまい、どうしても気になる!というように部分的にニードル脱毛を利用するのも賢い選択ですね♡

ハイジニーナにした人の後悔の口コミを集めてみました

実際にハイジニーナにして、喜びの声だけではなく、後悔したという方の声もありました。

・「ハイジニーナにしたものの想像していたよりも恥ずかしさがでてきた」

・「もうこのまま毛が生えてこないのか・・と将来が不安になる」

・「男性に経験豊富だとあらぬ誤解をうけた」

などなど・・。

まだハイジニーナが広まりきっていないことから、このような後悔が生じるのでしょう。

生活する上ではハイジニーナは清潔ですし、いいことづくしです。

しかし、普段見えない場所だからこそ周りの目線が気になってしまうものなのかもしれません。

ハイジニーナにして後悔した人はアンダーヘア用ウィッグもあるので安心

もしハイジニーナにして後悔してしまった・・という方は、アンダーヘア用ウィッグを使うのもいいでしょう。

アンダーヘア用ウィッグは接着タイプで温泉などに行くときだけつけることができるとっても便利アイテム!

水に濡れても、石鹸を使ってもOKで、地肌に馴染みやすいのでバレにくいと評判です。

ネットから購入でき、価格は約15,000円~30,000円ほど。

ただし、毎日使い続けるのは汗などで粘着力が落ちてしまうのでおすすめしません・・。

人に見られたくないな・・と思う場面で上手に利用し、ハイジニーナのメリットを存分に日々感じてくださいね♡

ハイジニーナは男ウケが悪いって本当?

ハイジニーナにすることで男性ウケが悪くなるのでは・・?と気にする方がいらっしゃいます。

ハイジニーナにすることで実際に「男性経験が豊富」とあらぬ誤解を生むこともあるかもしれません。

しかし、案外男性はハイジニーナに関して好印象をもっているというデータがあります。

やはり清潔感がカギになりますが、同時に女性らしさも感じるんだそう♡

男性ウケが最も悪いのは何も手入れをしないこと、自己処理による肌トラブルが起きている残念肌に間違いありません。

男性ウケも気になるところですが、何もしないよりは確実に好印象なので、自信をもってキレイにしちゃいましょう♡

まとめ

ハイジニーナにはメリットがたくさん♡

清潔感・女子力以外にも、あなたの内面に自信をもたらしてくれて、身につけるものを選ぶことが更に楽しくなったりと、日々の生活をもっと楽しくしてくれるでしょう。

これからさらに広まり、メジャーになっていくことが予想されるハイジニーナ。

あなたもハイジニーナにチャレンジして、さらにワンランク上のキレイを手に入れてみませんか?♡

部分脱毛と全身脱毛どちらを選ぶ?人気の脱毛部位も徹底解説!

コメント