医療脱毛ってどんなもの?効果は永久?脱毛エステの違いなど徹底調査!♡

脱毛に挑戦したい♡♡

と思ったときに、多くの人が悩んでしまうのが医療脱毛か脱毛サロンの脱毛に通うのかどちらにすべき??ということ。

脱毛についてインターネット検索すると、様々なキャンペーンの料金に目がいきがちですが、大事なのは効果やメリット・デメリットを把握しライフスタイルに合ったものを選ぶということでしょう。

今回は効果が最も高い施術で知られる医療脱毛のことを詳しく解説してみました。

ぜひ、自分には医療脱毛が向いているか、脱毛サロンがむいているのか、また他の脱毛方法が向いているか、納得して施術法を選ぶ材料にしていただけたらと思います♡

医療脱毛とはどんなもの?

脱毛方法といえばいろんな種類があります。

医療脱毛、光脱毛、ニードル脱毛、ブラジリアンワックスなどが主流でしょう。

その中でも最も、効果が高いと言われているのが「医療脱毛」です。

医療脱毛は、医療用のレーザー機械で、黒い部分に反応する性質を利用し、毛根に強いダメージを与えて、毛を抜け落ちさせていくものです。

脱毛サロンの光脱毛と似ていますが、医療レーザー脱毛は光の照射パワーが強いので、その分効果も永久的で、より高い効果を発揮します。

永久脱毛ってどんなもの?

「永久脱毛」とう言葉を聞けば、「もう一生、施術したムダ毛が生えてこないということ」と多くの人が勘違いしがちですが、残念ながら、少し意味が違います・・。

電気脱毛協会では永久脱毛の定義を、脱毛施術1ヶ月後の時点で、毛の再生率が20%以下であること

さらに、FDAという機関の永久脱毛の定義では、脱毛施術を3回行ったら6ヶ月後に67%以上の毛が減っていること

と決められているんです。

これだけ見ると全然ツルツルじゃなくても永久脱毛だと言えるのでは??と不安に感じるかもしれません。

定義としては一定量ムダ毛が減っていれば永久脱毛と言えますが、実際医療用脱毛はムダ毛の再生率も低く、ほぼ永久に毛がはえてこない状態にできるので安心してください♡

脱毛エステとはどんな違いがある?

では、同じように毛根にダメージを与える医療脱毛と脱毛サロンの光脱毛の2つの脱毛方法はどのような違いがあるのでしょうか。

・効果が永久的であるかどうか

医療脱毛の効果は永久的です。

代わって、脱毛サロンの光脱毛は数年たつと再びムダ毛が生えてきてしまうケースがあります。

医療脱毛も、ムダ毛が再生してしまう可能性が決して0ではありませんが、脱毛サロンと比べれば格段に安心できます♡

 

・施術回数や料金が違う

施術回数は医療脱毛のほうが少なくてすみ、光脱毛と比べると約半分の回数でツルツル肌を実感することができます。

ただし、料金で見ると医療脱毛のほうがお高め。

予算や、いつまでに脱毛が完了していたいかを踏まえてどちらを選ぶか検討しましょう。

・照射パワーの違い

脱毛サロンで使う脱毛機械と医療脱毛で使う脱毛機械では、照射パワーが明らかに違います。

医療脱毛はクリニックで行いますが、医師が施術を行うので、強い照射パワーが使える機械の使用が認められています。

代わって、脱毛サロンは照射パワーに制限があり、パワーは比較的弱めです。

・事前の医師による診察の有無

脱毛サロンはエステティシャンの方がカウンセリングを行ってくれて肌状態をみてくれます。

代わって医療脱毛を行うクリニックでは事前のカウンセリングは医師による診察です。

事前の肌状態をみてくれるカウンセリングを誰がみてくれるのかというところに違いがあります。

・肌トラブルへの対処法

万が一、脱毛後、機械によって肌トラブルが生じた場合、脱毛サロンの場合は肌トラブルの現状を写真にとり、脱毛サロン側が診察が必要であると判断した場合、提携しているクリニックを紹介してくれます。

医療脱毛を行っているクリニックで肌トラブルが生じた場合はそのクリニックで直接診察を行ってくれるので、すぐにみてもらえるところに違いがあります。

・有資格者が施術を行うかどうか

脱毛サロンで光脱毛を行ってくれる人はエステティシャンの方です。

エステティシャンの方であっても大手サロンであれば特にきちんと教育を受けられているので信用できる方です。

しかし、医療脱毛を行うクリニックでは、診察も実際の施術も医師や看護資格を持っている人がおこなってくれます。

・痛みの違い

医療脱毛の脱毛機械は照射パワーが強いために強い痛みが生じます。

それに代わって光脱毛は痛みはほぼ感じません。

医療脱毛で痛みが耐えられず、光脱毛にシフトしたという人も多くいるほど違いがあります。

医療脱毛はどんな機械を使用する?

医療脱毛と一言で言っても、その機械には種類がたくさんあります。

その機械にもメリット・デメリットがあるので行きたいクリニックがどんな機械を使っているのかもチェックしてみましょう♡

ジェントルルーズ(Gentle LASE)機器

ジェントルルーズ機器は日本の脱毛を行っているクリニックの中では1番導入されている数が多い機械です。

ロングパレスアレキサンドライトレーザーを用いていて、シミやそばかす、くすみ、ニキビにも効果があり、美肌治療にも使用されることが多くあります。

レーザー照射前に冷却ガスを当てながら脱毛をするので、冷却ジェルはベタベタするのが苦手!と言う人にもおすすめです。

ライトシェアデュエット機器

大きな照射口で従来の三分の一の時間で脱毛が行える、肌への負担が少ない機器として知られています。

脱毛効果も高く、ダイオードレーザーによって美肌とツルツル肌を同時に手に入れられます♡

また、照射口に吸引システムをもち、皮膚を引っ張りながらレーザー照射を行うので痛みも抑えられるのが特徴です。

メディオスターNeXT

医療脱毛の脱毛機械によくある黒い部分に反応し、毛根にダメージを与える方法ではなく、発毛を促す幹細胞である「バルジ領域」にダメージを与え破壊する方法で脱毛していく機械です。

従来の黒い部分に反応させダメージを与える機械のデメリットを克服できるので、日焼けに悩む方、地黒の方、ウブ毛に悩む方にもしっかり効果が期待できる機械です。

ジェントルヤグ

ジェントルヤグYAGレーザーを使用し、マイナス26℃の冷却空気をあてながら皮膚表面を保護し、照射を行います。

照射深度が深く、他の脱毛用レーザーと比較するとはようが長いため、メラニン吸収率が低く、日焼けした肌でも脱毛を行うことができます。

しかし、導入しているクリニックがまだ少ないのが現状です。

医療脱毛のメリット

医療脱毛には医療脱毛にしかなしえないたくさんのメリットが♡

医療脱毛でもっとキレイな肌を手に入れましょう♡

・効果が高く、再びムダ毛が生えてくる心配いらず♡

医療脱毛といえば、効果は永久的。

一度完了してしまえば、他の施術法と比べて今後生えてくるかも・・?という心配がいりません。

再び生えてきてしまえばさらに追加で料金を払う必要がありますし、メンテナンスに料金がかかってしまい、結局高くついてしまったケースもありますが、医療脱毛なら追加のお金の心配もなく安心です。

将来の不安がないので、今後の心配をしたくない人は医療脱毛向きといえるでしょう♡

・通う回数が少なくてすみ、短期間でツルツル肌を手に入れられる♡

医療脱毛なら、光脱毛と比べて、通う回数は約半分ですみます。

ですから脱毛が完了するまでの期間も短く、短時間でツルツル肌を手に入れられます。

早く効果を実感したい方や通いつづけることに不安がある方には医療脱毛はとっても向いています。

・万が一のトラブルにも医療に関して専門機関なので安心感がある♡

医療脱毛の最大のメリットといえば、専門機関ならではの「安心感」ではないでしょうか。

医師によるカウンセリング・施術で万が一肌トラブルが起こってしまった場合も適切な対処・診察をしてもらえますし安心です。

照射パワーが強い機械をつかいますが、医師が肌の状態をみて、細かく調節してくれるので施術中も安心ですよ♡

医療脱毛のデメリットは?肌トラブルのリスクを調査

医療脱毛にはいい面もあれば、肌トラブルへのリスクもつきものです。

メリット・デメリットをしっかり把握するようにしましょう。

・赤みやヒリヒリ感

強いパワーをもつレーザー照射によって肌は熱を帯び、軽度のヤケドをおっている状態になります。

正常な状態でもあるので、心配はいりませんが、毛穴にかさぶたができることもあります。

肌が乾燥していると、赤みやヒリヒリ感をより強く感じるので、家での保湿ケアはこまめに行うようにしましょう。

保湿する化粧品も日焼けをした後用の冷却作用があるものを使うとより赤みやヒリヒリ感は早くひいていきます。

どうしても耐えられないほどのひりひり感や何週間たっても赤みがひかない場合はクリニックに相談し、炎症どめの薬をもらうようしましょう。

・毛嚢炎(もうのうえん)

医療脱毛の熱の作用により、肌が多少のダメージを受けた場合、一時的に肌のバリア機能が低下し、毛包にブドウ球菌が入り込み、背中や胸などの皮脂腺の多い部分や、太くてしっかりした毛が生えてしまうワキやVラインは脱毛後にまれにニキビのような毛嚢炎を引き起こすことがあります。

あくまで一時的なものなので数日ほどで治ります。

しかし、1~2週間たっても治らない場合は、クリニックに相談するようにしましょう。

・炎症・むくみ

炎症性浮腫といい、医療脱毛の施術後はかならずといっていいほど、炎症やむくみは生じます。

照射をうけた毛穴付近の炎症によるもので一時的なものなのです。

ヒゲ、ワキ、Vラインなど毛が太くしっかりしている部分はレーザー照射の出力も強いため、特に点状のむくみは発生しやすくなります。

2~3日でおさまる症状ですが、それでも収まらない場合や悪化していくような状態であれば直ちにクリニックに行き、診察を受けましょう。

・やけど

医療脱毛は医師など、有資格者が施術をしてくれますが、ヤケドをしてしまう可能性が0とは言い切れません。

ひとりひとりの肌質や、毛の濃さ、太さを見極めたうえで出力を調整しますし、大手クリニックであればそのようなトラブルを避けるためにも徹底的に教育や研修が行われていますが、ヤケドのリスクは完全には避けられません。

万が一、あきらかにやけどである場合はクリニックに相談しましょう。

また、

・極端な日焼けをしている人

・乾燥がかなりひどい方

・地黒の方

は、レーザーがより反応し、熱を発しやすくなってしまうので事前のカウンセリングをしっかり行うようにしましょう。

・色素沈着

脱毛の際に発生する熱や施術後の肌の乾燥によって、肌のバリアを高めるためメラニンをつくりだし、さらなる肌トラブルを防ぐ働きをおこなうことがあります。

その際、肌への刺激が大きいと大量にメラニンが生成されてしまうことも・・。

通常肌のターンオーバーでメラニンは排出されますが、生活習慣の乱れなどで正常にターンオーバーが機能しておらず、メラニンが排出されなかった場合などに色素沈着が起こってしまう可能性があります。

色素沈着を自身で防ぐためにも、脱毛期間中は日焼け止めを使用し、過度な刺激を肌に与えないように気をつけましょう。

実際に医療脱毛を選んだ人の口コミ・体験談

実際に医療脱毛派の方の口コミをSNSから徹底調査してみたところ・・

・とにかく痛くて、毎回うめいてしまう!

・麻酔クリームがないとつらい・・

・早くきれいになるので、痛みも美への一歩と思って耐える!

・VIOが特に痛いので拳を握って耐えるのみ!

などなど・・。

やはり、痛みが強いようですね。

しかし、それでも医療脱毛派の人も多いのは、短期間で永久的な効果が得られ、医療機関の安心感があるのがポイントでしょう♡

まとめ

医療脱毛にはたくさんのメリットがある一方でリスクやデメリットもあります。

上手に脱毛をするうえでも、全身を医療脱毛にするのもひとつですが、特に気になる部分や、永久的な効果がほしい部分や早くツルツルを実感したい部分だけ、医療脱毛にしたり、

広い範囲や医療脱毛では痛みを感じやすそうな部分は脱毛サロンで・・など使い分けるのもおすすめです。

しっかりとメリット、デメリットを把握し、自分にピッタリの脱毛方法で自信がもてるきれいな肌を手に入れましょう♡

コメント